ざつおんなりのクローン病生活

ざつおんなりのクローン病生活では、本人の生活をお届けします。

初の肛門科へ

今日のざつおん

 

どーも、おはこんばんちは。

ざつおんです。

 

本日は午前中仕事を休み、病院指定の肛門科に行ってまいりました!

なぜ肛門科かわかるかい?

・・・そう!

下痢が多く、特に男性だと[痔瘻]が出来てしまうために肛門科の受診でした。

実は私の腹の違和感と下痢は、今年の4月から始まっており、6月にはけつを拭く時痛かったりしました。

昔からウォシュレットは使わず、手で拭いていたので切れ痔かなとは感じてました。

 

今回の受診では、痔瘻でもないとの診断でした。

案の定、直腸カメラでケツいじめられて、うぅーと声出したら、声出さないでって怒られました!www

 

ただ、肛門科の先生の話だと

「ざつおんさんはたまたま、クローン病の症状が大腸に先に出て下痢が続いただけ。3分の1の人は肛門にでる

今は少し切れているだけだが、今後クローンの症状として膿が溜まり、手術しなきゃならない可能性もある。」

とのお話で、あまり肛門に意識を向けていなかっただけに、勉強になりました。

 

クローン病の方はどれだけ、クローン病について知っていますか?

私は本当にまだまだだなとおもいました。

 

今日の晩御飯は、焼き鮭と味噌汁と栄養剤!

みんなも一緒に、準ベジタリアン生活!